• 葉隠十戒

    (草舟思想を導き出した根源公理) 第一戒  武士道といふは、死ぬ事と見附けたり。
    第二戒  二つ二つの場にて、早く死ぬほうに片付くばかりなり。
    第三戒  図に当たらぬは犬死などといふ事は、上方風の打ち上りたる武道なるべし。
    第四戒  毎朝毎夕、改めては死に改めては死ぬ。
    第五戒  恋の至極は、忍ぶ恋と見立て申し候。
    第六戒  一生忍んで、思い死にする事こそ恋の本意なれ。
    第七戒  本気にては大業はならず、気違ひになりて死に狂ひするまでなり。
    第八戒  不仕合せの時、草臥るる者は益に立たざるなり。
    第九戒  必死の観念、一日仕切りなるべし。
    第十戒  同じ人間が、誰に劣り申すべきや。
    執行 草舟 選
思想、生き方、死生観などすべてに渡った公理として『葉隠』の思想から十戒を纏め、その言葉を執行草舟は自身で掲げています。その十戒を特別にWebサイトでも公開させて頂くこととなりました。他にもご好評頂いている「草舟座右銘」では古今東西の偉大なる文学や作家の言葉を挙げていますが、それらの言葉もこの「葉隠十戒」の思想的展開によって、生まれているのです。

ページトップへ